乳酸菌で生きている状態

腸内環境を整えてくれることで有名な乳酸菌
ヨーグルトをはじめとした乳製品に多く含まれているが、細菌では「生きた乳酸菌」という言葉をよく耳にするかもしれない。
ヨーグルトやチーズといった、主に乳製品に含まれている動物性と、醤油や味噌、漬物といった発酵食品に含まれる植物性と2種類がある。

もともとは、酸に弱い菌であるため、食べ物として摂取した場合、腸に届く前に胃の胃酸によって分解されて死んでしまう。
この胃の胃酸で死滅してしまうほとんどが、動物性である。
植物性は、動物性よりも酸に強く、胃酸によって分解されることがほとんどないため、途中で死滅することなく生きたままの状態で腸内に届く。

近年の研究結果から、生きた乳酸菌は、死滅したものに比べて約10倍の効果があるということがわかり、植物性が注目されている。
しかし、その特性から生きたまま腸に到達する菌はごくわずかである。
最近では、この酸に弱い動物性を含むヨーグルトや飲料にも植物性を入れ込んだり、生きた菌を特殊加工し配合されたサプリメントなど、様々な開発が進んでいる。

これは、生きたままの状態の菌にしか出来ない仕事があるからである。
生きたままの状態で菌が腸に届くと、当分を分解して乳酸などの酸を発生し、悪玉菌の現象を促進してくれる。
さらに、悪玉菌によって腸内に溜まった有害な物質を体の外に排出してくれる働きもある。

生きた乳酸菌が死滅したものに比べて約10倍の効果があるものの、死滅したものも生きたものとは異なる役目を果たしてくれる。
善玉菌の餌となり、腸で免疫細胞を活性化させ、ウイルスの感染やガンの原因となるガン細胞を抑制する働きもしてくれるといわれており、私達の体を守ってくれる。
生きた乳酸菌が配合された乳製品やサプリメントを積極的に摂取することも大事だが、これらの商品をわざわざ購入するとなると、コストがかかってしまう
動物性も植物性も、無理なく両方ともバランス良く摂取することで、腸内環境を良好に保ってくれるのである。