病気を予防してくれる乳酸菌

腸は第2の脳と言われており、腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断する。
近年、日本人の食生活が変わってきており、肉や加工食品を多く取ることが多くなってきている。
これらをとり続けると腸や体内が酸化してくる。

腸に送られてきた食べ物のかすは、ぜん動運動によって、結腸、直腸に運ばれるが、このぜん動がうまくされたにと便秘になり、腸内に老廃物がたまってしまう。
便秘の原因は、睡眠不足や運動不足、精神的なストレスなども原因として考えられるが、便秘の状態が長く続くと、様々な病気を引き起こしやすくなる。

また、人の腸内には、たくさんの腸内最近が住み着いている。
腸内細菌には、乳酸菌を代表とする善玉菌と有害とされている悪玉菌がいる。
健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌の生存バランスが上手く保たれている。

善玉菌には、消化吸収の援助をし、免疫力を高めることで感染を防御し、私達の体を病気から守ってくれる
一方で悪玉菌は、腸内を腐敗させ、毒素や発がん物質を生産する。
つまり、腸内に悪玉菌が増えると病気にかかりやすくなるのである。

このように、腸内細菌は腸内の免疫に大きな役割を果たしており、腸内に入ってきた物質を体に良いものかどうか判断してくれる。
腸内細菌のバランスが保たれることで、免疫の仕組みが正常に働く。

腸内環境をよくするためには、善玉菌を増やすことが大事だと言われているが、中でも乳酸菌を増やすことが良いとされている。
しかし、乳酸菌は酸に弱いため、口から摂取した乳酸菌も胃を通過する際、胃酸にやられてしまい、そのほとんどが死滅してしまう。
死滅した乳酸菌にも腸内環境を整える役割はある

乳酸菌は、体内で自然に増えるものではないため、毎日継続的に摂取しなければならない。
今日、乳酸菌を含んだ商品は、乳製品や発酵食品をはじめたくさん出回っているため、自分に合った商品で上手に摂取し、腸内環境を整え、病気を予防していきたい。