発がん物質を体外へ排出する乳酸菌の働き

乳酸菌の1つであるビフィズス菌は、大腸がんだけではなく様々ながんの予防に役立ってくれる。
ビフィズス菌は、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる乳酸菌の1つである。
乳酸菌は数え切れないほどの数が存在するが、ビフィズス菌は腸内に生きたまま届く善玉菌の代表格である。
腸内で善玉菌が増えると、腸内環境が良くなるので、便秘解消に有効であることはよく知られた話である。

大腸がんは、日本人で2番目に多いがんだと言われている。
脂肪分が強い欧米化した食事が大腸がんの発生を増加させているのではないかと言われている。
発がん物質とは、がんを作る化学物質のことで、人工的に合成された化学物質だけでなく、自然界に存在する物質もがんを作る。
アフラトキシンに代表されるカビ毒、物が燃えた時に発生するベンゾピレン、第2級アミンと亜硝酸の食べ合わせでできるニトロソアミンなどがある。

直腸がんなど大腸がんの増加は、たんぱく質が腸内で消化される時に腸内が悪玉菌が多いとアミンという物質が生成され、このアミンという物質が発がん物質となるニトロサアミンという物質の原料となる。
高カロリーな食事をした後は腸内の悪玉菌が多くなるため、消化されたのちに発がん物質促進作用のある物質が残存するということもわかっている。
よって、積極的に摂取し、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つことで、がんの予防に繋がるということになる。

乳酸菌は、腸内の発がん物質を分解する働きがある。
善玉菌の働きを活発にしておくことで、腸の免疫機能が高まる。
また、これらは胃酸に弱いことから、胃で食物を消化する際にそのほとんどが死滅してしまうため、毎日腸内に送り届ける必要がある。

こうしたことから、乳酸菌を乳製品や発酵食品などから毎日積極的に取り入れることが望ましい。
乳製品の摂取が苦手な人は、乳酸菌が入っているサプリメントも販売されているので、自分に合った方法で毎日継続的に取り入れたい