乳酸菌が齎す仕組み

昔から体に良いとされてきた乳酸菌。
乳酸をはじめとする酸をつくりだす細菌の総称で、多くの種類がある。
これらは乳酸菌飲料、チーズ、バターなどのほか、私達の生活に馴染みのある菌である。
昔からさまざまな食品加工に利用されてきたが、着目されたのは、約100年前のことである。

1900年頃に乳酸菌の1つであるビフィズス菌が発見され、20世紀始めころに、ようやく健康や老化と大きく関係があると考えられるようになった。
腸内の細菌の研究は進み、今では腸内にある最近のバランスを回復する整腸作用であり、下痢、便秘の改善に加え、免疫増強作用、発がん抑制作用、コレステロール抑制作用等があるということが証明されている。
乳酸菌を体内に摂取すると、腸内で腸内フローラという集まりを作る。
この腸内フローラを構成する菌は善玉菌のほか、悪玉菌など体に良くないとされている菌などもそれぞれ腸内フローラを構成している。

この腸内フローラのバランスは個人個人で差があり、有用菌が多い人もいれば悪玉菌が多いという人もいる。
通常であれば、健康な人の腸内は善玉菌の腸内フローラが優勢だが、腸内では常に、善玉菌と悪玉菌が戦っているので、食品など外部から善玉菌を補充する必要がある。
その仕組みや働きをより強固なものにするために、ヨーグルトなど良質な乳酸菌が豊富な乳製品を日常で継続的に摂取する必要がある。

特に、日本人の多くの女性が悩んでいる便秘解消に効果的とされている。
乳酸菌を摂取することで、腸内環境がよくなり、腸のぜん動運動がさかんになり、便の排出能力が高くなるためである。
また、腸内の水分量調整が出来るため、便の水分量を調整し、常に排出しやすい便を創りだしてくれる。

乳酸菌は、1回摂取したからといって、すぐに効果が現れるものではない。
継続的に摂取することで、じっくりと腸内で働きを強めていく菌である。
そのため、毎日適量を摂取していくことが、腸内環境の改善へと繋がる。