食物繊維と乳酸菌を併用して向上効果

腸が元気な人は健康的な多いと言われている。
腸は毎日の食事で摂取した食べ物から栄養を吸収する大変重要な役割を担っている器官である。
また、食べ物の栄養を吸収するだけではなく、外部から親友したウィルスや細菌を免疫機能を駆使して排除する場所でもある。
腸が正常に働かないと、栄養の吸収が滞ったり、免疫機能が衰えることにより病気にかかりやすくなってしまう。

この腸を元気にするためには乳酸菌を摂取することが重要とされており、腸内で活躍していないと、腸の機能はどんどん衰えてしまう。
腸内には善玉菌と悪玉菌が生存しているが、善玉菌の代表格が乳酸菌である。
その数も悪玉菌に対する抑止力として非常に重要な要素だが、これらは体の中で自然と増えることはない。

特に、近年、私達の食生活が肉食中心となってから、腸内では悪玉菌がどんどん増え、腸内環境が悪くなる一方である。
そのため、より必要とされている。
乳酸菌は、糖質を分解して多くの乳酸を生産する菌。
私達の生活に非常になじみのある菌で、ヨーグルトやチーズ、つけものなど発酵食品を中心に含まれている。

乳酸菌を増やすためには、このような食品を摂取することも効果的だが、その効果を高めるため、野菜や穀物などに含まれる食物繊維を一緒に摂取することで、より活発に活動することがわかっている。
食物繊維は腸などを綺麗にしてくれる効果を持っているが、それ以外にも、乳酸菌の餌になるなど、有益な効果を持っている。

特に、食物繊維が合わさることで期待される効果は、便秘解消である。
特に女性は便秘に悩んでいる人が多く、バナナとヨーグルト、ココアとヨーグルト、ドライフルーツ入りシリアルとヨーグルトというように、食物繊維と組み合わせることで、より腸内環境の改善が期待される。
単体でも効果的だが、食物繊維を組み合わせることで、より多くの効果が期待される。
食べ物をうまく組み合わせて、健康な体を手に入れたい。
乳酸菌を摂取するタイミングついても大事な記事です。参考にご覧ください。ください。