耐熱温度が関係してくる乳酸菌

乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内環境を整えてくれるため、美肌効果や免疫活性作用が期待される。
しかし、酸に弱いことで有名である。
口から摂取した菌は、胃を通る際、胃酸でほとんどが死滅してしまう。

また、熱にもあまり強くないということはご存知だろうか。
乳酸菌はいきものであり、活発に活動することもあれば、死滅することもある。
口から摂取したのち、生きたまま腸に届けることが理想である。

一般的に増殖しやすい温度は、人間の体温よりもやや高い40度前後と言われている。
一方で、高温に非常に弱い。
例えば、50~60度の温度では、数十分程度で死滅してしまう一方で、低い温度では耐久性がある。
乳酸菌飲料や乳酸菌入りヨーグルトなどが要冷蔵での保存が良いとされているのは、低温に強いということも一因である。
また、0度以下になると仮死状態になる。
仮死状態では、一見死滅した乳酸菌のように見えるが、適温になると活発に活動を始め、生きている乳酸菌としての効果を発揮する。

生きたままの状態では、糖分を分解して乳酸などの酸を発生し、悪玉菌の現象を促進させてくれる。
更に、湧玉菌によって腸内に溜まった有害物質を体外に排出してくれる働きを担う。
一方で、死滅した菌について、死滅してしまったからと言って全く役目がないわけではない。
死滅した菌は、腸内の善玉菌の餌になり、有害物質と結合して中和させる働きをしてくれる。

乳酸菌は、口から摂取しても胃酸でそのほとんどが死滅してしまうため、生きたままの状態で腸まで届けるのは難しい。
しかし、研究は現在も続いており、最近では特殊加工して生きて腸まで届く乳酸菌を含んだ健康食品やサプリメントが多く出回っている。
このような健康食品やサプリメントを選べば、より高い健康効果を得ることができるが、一番大切なことは、毎日継続して摂取することである。
生きままと死滅した乳酸菌とをバランス良く摂取して、健康な体づくりを行いたい。
こちらの乳酸菌サプリメントについての記事も合わせて参考にご覧ください。